福祉の仕事 | 294job.com





  
Vol.25 保証人、保証人って!

障害者自立支援法案の関連で、重度の障害をもつ人が介護者の手を借りて、
家族と離れて暮らす様子を、特にフジテレビが熱心に報道していました。

報道を見て思いました。物件を借りる時、大変だった人が多いだろうなと。
 
SOHO仲間の女友達が、ぶりぶり文句を言っていました。
事務所兼自宅が取り壊しになったので引っ越そうとしたが、
物件を借りるのにものすごい苦労をしたと。

仕事場と住居を兼ねるので、女一人とはいえ20平米程度のワンルームとは
いかない。かつ防犯上、マンションなら3階以上にしたいし、
物書きなので静かな環境が欲しい。
自分が夜中にごそごそ仕事をする時の音が漏れても迷惑だし、
近隣住民の生活音が筒抜けなのも執筆の邪魔。
 
となると、都内では10万円前後の家賃を覚悟せねばなりません。

「それはいいのよ」と彼女。「大変だったのは、保証人」。

これまでの物件探しの際は、父親に保証人を頼んできました。
ところが娘が30後半にもなると、その父はすでに仕事を引退、
年金暮らしなのです。

そのことを不動産業者に告げると、
「だれかご家族で、現役で働いていらっしゃる方いませんか」

友人や知人で経済力のある人なら頼める、といっても
「血縁者でない」との一点張り。一人っ子の彼女はその物件は諦め、
「保証人なし」で家を借りる方法を探しました。
 
「あるにはあるのよ。保証人不要のマンションも。やや割高だけど」と彼女。
でも同じような事情を抱える人が多いということでしょう、人気殺到、
空き部屋は事実上、なし。

旧都市公団、現UR(独立行政法人都市再生機構)も「保証人不要」を
ウリにしています。

でも申し込み方法をよく読むと、しっかり「収入制限」がある。
「月収25万円以上または家賃の4倍以上」あるいは
「貯蓄額が家賃の100倍以上」って。

所得じゃなくて収入ベースで月25万稼げる物書きは、そうはいない。
10万円の家を借りるのに、貯金が1000万円なきゃならないのも、
納得いかないし。

「家賃は払えるのに、保証保証って、何なの?」と
彼女がブツブツいう訳なのです。

結局、保証会社に家賃の30%を払って保証してもらうサービスを利用しました。

それなのに、さらに、過去3年分の確定申告を見せろ、やれカネの流れを
見たいから貯金通帳のコピーを提出しろと、不動産業者から屈辱モノの要求が。

確定申告の書類はいいでしょう。一度はお上に出したもの。
でもなんで貯金通帳をアンタに見せにゃならんのかと、これは突っぱねて、
なんとか彼女は借りることができました。

私も調べてみました。そこで障害者の優遇策の存在を知ったのですが、
いやはや当てにならないこと。

上記URの賃貸物件では、「高齢者・障害者・子育て世帯」に
優遇策を設けています。

本人の月収額が基準(上のヤツですね)に満たなくても、
基準以上の収入のある血族親族が保証してくれるなら、
お貸ししますよとのこと。

実質的に、申込者の親族が保証人になれというもの。

友人のように、親が高齢だったり、
頼れる血縁者がいなかったりする障害者は沢山いるでしょう。

貸す側にすれば、不払いのリスクは怖い。
だから「保証人」をという気持ちになるのは分からなくもない。

でも最初のハードルをこれほど高くする必要、ほんとにあるの?
ちょっと家賃を割高にするなり、払えなくなれば出て行って下さい、
ぐらいでいいんじゃないの。
 
いろんな事情を背負いながらも一人で生きていこうとする人が、
これほど生きにくい社会でいいのか。何らかの事情で世間の「規格」から
外れた人が、それでもやっていける仕組みの世の中を作っていかない限り、
人の世の活力なんて生まれてこないのに、と思うのです。

いかがでしょう、世の大家さん方。




     

コラム目次へ