福祉の仕事 | 294job.com





  
Vol.23 シェイクスピアに恋を学ぼう
老人ホームでアルバイトをしている友人は、折に触れて言っています。

「いくつになっても人間は、派閥が好きなのよ」

しわしわになったおばあさん達の間にも、油も抜け、
悟りに入ったかのようなおじいさんの間にも、ボスがいて、茶坊主がいてと、
しっかり派閥があるんだとか。

派閥だけではありません。男と女が集えば、芽生えるのは恋。
そこで生じる男の嫉妬があれば、裏切りや団結、孤立もある。

福祉メルマガ読者のみなさんも、現場に入ればきっと生々しい老境の人間模様を
いやというほど拝まざるを得ないでしょう。

愚かしい。が、それゆえに愛おしいのが人間である。

この発想で物語を綴った大作家がいました。
中世のイギリスに登場した、かのシェイクスピアであります。

なんでまた堅苦しい、シェイクスピアなんて・・・。と思う方にぴったりの、
かなり楽しめる入門本が最近、刊行されたんですよ。

「高校生が読んで分かりやすい」

こんな謳い文句の「理想の教室」(みすず書房)シリーズの、
「『ロミオとジュリエット』恋におちる演劇術」。1300円なり。

ワタクシ事ですが、筆者は今年に入ってから何の気なしにシェイクスピアの戯曲を
読み始め、はまっています。

シェイクスピア作品、なにがいいかといえば、文庫になっているので本が安い!
電車の中でパラパラ読める!

そして内容はといえば、人と人のドロドロとした葛藤、恨み辛み、愛と別れ。
歯切れよい短い文章の中に、いわば人間の物語がぎっしりつまってます。

「すぐ読める、波瀾万丈」−−私がシェイクスピアの宣伝をするなら、
このコピーでいきますね。誰も頼まないけど。

さて高校生向けにかかれたロミオとジュリエットの解説本は、2人の恋の成り行きを
しっかり説明してくれます。

「出会って14行の口説き文句でキスするには?」

たとえばこんな章があります。

対立する名家の娘、息子として出会って恋に落ちた2人。原文を読むと、
恋に落ちてからキスをするまでのセリフは、たった14行なんですね。

いったい何を喋れば、出会い頭の女にキスができるのか?

こんな風に読めば、一気に興味シンシンになりませんか。

種明かしをしましょう。口説きは3段論法からなります。

まず激情にかられたロミオは突然、ジュリエットの手を握りしめます。

これが第一段階。ロミオはこう言いのける。。

「ぼくの手があなたの手を汚してしまった。そのつぐないをするために、
あなたの手にキスさせて欲しい」

さてジュリエットは、「手と手を合わせ、手のキスをしましょう」と、
一旦かわします。

でもロミオは諦めない。2人は手と手を合わせ、見つめ合います。これが第二段階。

さらにロミオは強引に突き進みます。

「では、手がすることを、くちびるにもさせてください」

こうして最終段階へ。下心暴走ロミオ。こんなので墜ちるかジュリエット、と
不思議にさえ思いますが、でも恋しちゃったら人間、理性を失うものなんですよね。

親に隠れて教会に走った2人は、そこで結婚し、一夜を共にします。その後は、
ご存じの通り、結局、家同士の確執から逃れられなかった2人は、
別々に自殺するという破滅へと、突っ走ります。

最後は悲劇です。でも、恋してからのロミオが、中世の騎士道精神にふさわしくない、
ふぬけ男に変わってしまったり、わずか14歳のジュリエットが妙にしっかりしてきて
さりげなく年上のロミオを振り回すようになったり。

今も変わらぬ男女の人間力学がうまく、描かれているのです。

さてシェイクスピアといえば、作品のあちこちに「名言」があふれています。
人間の情念に関するあらゆる事をシェイクスピアは言いまくってますから、
日頃の何気ない会話やメールでちょっと引用できたら、説得力倍増だと思いませんか。

文庫本の日本語訳で気になる文章があれば、インターネットで、
シェイクスピアの原文を載せているサイト
(たとえばhttp://www.shakespeare-w.com/japanese/shakespeare/works.html#)
と照らし合わせれば、すぐに、英語で何といっているのか、分かります。

座右の銘にしたい、彼女にプレゼントしたいと思うような言葉があれば、シルバー
リングに刻印してもらうも良し
(たとえばhttp://www.naturalmoment.jp/)、
Tシャツ専門店で良質な綿のTシャツにプリントするも良し
(たとえばhttp://t-galaxy.com/)

でも「女の処女膜がどうした」とか、下品なセリフも盛り沢山なのが
シェイクスピア作品の特徴なので、上に上げたような自家製シェイクスピアグッズを
作る時には、少々、気を付けてくださいね。

     

コラム目次へ